お知らせ一覧 – 人形劇団プーク

Newsお知らせ

新着情報一覧

平和への思いをこめて

タグ: ,

 プーク人形劇場誕生50周年記念年間の締めくくりに行ったフェスティバルは、蔓延防止措置期間にも関わらず全国から多くのご来場をいただきました。おとな向けの作品を主体にした5劇団の競演でしたが、初来場の方や初めて人形劇を観たという方も多く、今後さらに人形劇の魅力を広めていこうと、参加劇団とともに再認識することが出来ました。


 私たちは人形劇をとおして、たくさんの思いを届けてきました。現実社会の様々な困難と、それらを乗り越える力。誰もが幸福に心豊かに生きられる社会への思い、未来への希望を。人形劇だからこそ伝えられるその力を信じて。


 今また、悲しい戦争が起こっています。世界中すべての子どもたちが誰一人悲惨な状況におかれることのない社会を願って止みません。子どもたちが命の危険にさらされ、当たり前の日常・生きる希望・笑顔いっぱいの未来が奪われることは決してあってはなりません。

 プーク人形劇場では4月29日から影絵人形劇『大きなかぶ』と『もりのへなそうる』を上演します。『大きなかぶ』は有名なロシアの民話を元に創った舞台です。人々や小さな動物たちが力を合わせ幸福を求めて共に楽しく生きていく、あたたかな舞台に平和への思いをこめてお届けします。

2022.4.13
人形劇団プーク 劇団部主事 石田伸子
(2022年4月発行 みんなとプーク No.279 「プー吉は進む」より)

『みんなとプーク』夏号 お届け中…

夏号はチャスラフスカ特集!

▲7月1日発行の夏号では、新作『チャスラフスカ 東京 1964』を特集しています。
表紙にも、5月のチェコでの稽古風景を配置しました。まだまだ試行錯誤の真っ最中の稽古場の様子です。
▲出演メンバーの最若手、勝二春陽のプチレポートも掲載しています。
▲チャスラフスカの簡単な紹介と、メンバーも参加してきたフェスティバルの概要もご紹介。

★ご予約受付中!

人形劇団プーク × アルファ劇場 共同制作公演
チャスラフスカ 東京 1964
 〜伝説の選手 誕生の物語〜

https://caslavska-puk.amebaownd.com/
8月2日(金)・3日(土)・4日(日)
開演 10:30/14:00
会場 紀伊國屋ホール

お申込み・お問合せ:人形劇団プーク
03-3370-3371 / puppet@puk.jp

▼チェコからのメッセージ▼

ここでもプーク!7/7『がんばれローラーくん/プー吉・チビのオープニングショー』

ここでもプーク!
『がんばれローラーくん/プー吉・チビのオープニングショー』を西東京市のコール田無で上演します。
入場無料でご覧いただけます!
ぜひ皆さんでお越しください。

日時:2024年7月7日(日)
会場:コール田無 イベントホール
料金:無料
お申し込み:ribbon-u@eagle.ocn.ne.jp
詳細:https://smilewith.tokyo/2024/06/13/%e4%ba%ba%e5%bd%a2%e5%8a%87/

主催:NPO法人ハンディキャップサポートすまいるウィズ

【アカデミー企画】人形劇の基本 — 操り演じる「操演」講座

イラスト:片岡 昌

人形劇は、舞台上では人形が表現者であり、観客が見るのは人形の動きです。

人形劇において不可欠な人形の操演(「操り」「演じる」こと)には、多様なスタイルがありますが、本講座では「操作者が見えない」形式の「操演」を取り上げます。

【スケジュール】 ※全3回 各日18:00〜21:00 単発受講可

9月10日㈫  第1回:講演「人形で演じるということ」 

会 場:プーク人形劇場  (地下の劇場) 定員50名 

語る人永野むつみ 安藤ばく  対談形式

長年、人形に向かい合ってきた演技者であるお二人に、この道に入ったきっかけや様々な経験、人形の役作りや心掛けていることなど、対談形式でたっぷりうかがいます。質疑応答の時間も設けます。また、なかなか観られない貴重な映像資料もお楽しみに。

9月24日㈫ 第2回:実技と演習「片手遣い人形」

会 場:プーク人形劇場 5階ホール 定員15名 

講 師:永野むつみ

手袋のように手にはめる「片手遣い人形」。衝立式の人形劇の基礎を学び実演します。講座開始の30分前(17:30)から会場に入れます。早く人形に出会いたい方は、早めにお出で下さい。

10月8日㈫ 第3回:実技と演習「棒遣い人形」

会 場:プーク人形劇場 5階ホール 定員15名 

講 師:安藤ばく

テレビ等の映像人形劇の「棒使い人形」の実技を体験します。今回は会場にカメラ・モニターを設置し、テレビ収録の現場を再現、モニターを見ながら演じる技術を体験します。

参加要項

【対 象】職業として人形劇に携わる方、またはそれを目指す方、演劇人、
     保育や教育現場で人形を活用されている方
【参加費】第一回(講演): ¥2,000―
     第二回・第三回(実技と演習): ¥3,000―
【持ち物】
第2回・第3回の実演講座を受講される方は、腕が高く上がる動きやすい服装でご参加ください。中腰の姿勢で動く場合もあります。
足元は靴下・裸足でも大丈夫ですが、気になる方は柔らかい上履きをお持ちください。

【お問い合わせ・ご予約】
 プーク人形劇場 03-3379-0234ppt489@puk.jp


助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等活性化・ネットワーク強化事業(地域の中核劇場・音楽堂等活性化))
独立行政法人日本芸術文化振興会
後援:NPO法人日本ウニマ、一般社団法人全国専門人形劇団協議会、日本児童・青少年演劇劇団協同組合 
協力:日本人形劇人協会、

杉並子育て応援券使えます!

プーク人形劇場 6・7月の公演『スイミー/ゆうびん屋さんのお話』では
「杉並子育て応援券」が使えます。
ぜひご家族皆様でお越しください。
公演の詳細はこちら


人形劇団プーク劇団員募集

職種:制作部(プロデュース、ツアー・マネジメント)
職種:舞台部(人形劇俳優、人形操作、舞台出演)

年齢:35歳くらいまで(男女)
給与:給与制(劇団規定)
休日:劇団規定による(年末年始休暇、夏休みあり)
募集:随時

交通費支給・社保完備
長期地方公演あり。見習い期間あり。経験者優遇いたします。(未経験者も可)

市販の履歴書(メールアドレスを明記)を担当までお送りください。
書類選考の上、追って面接日をご連絡いたします。
また、不明な点はお気軽に電話でお問合せください。

履歴書送り先:
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-3-3F
人形劇団プーク 担当/西本・市橋
TEL 03-3370-5128

ご応募お待ちしております。

1 2 3 26