人形劇をみたい

人形劇をみたい方はこちらから。
オンライン予約も受付中です。

にんぎょうげき みてきたよ!

人形劇団プークのオンラインチャンネル
【STAY PUK】スタート!

ことしのGWは、プーク人形劇場もお休み・・・

でもこんな時だから、おうちでみなさんにプークの人形劇を楽しんでもらいたい・・・
そんな思いで、プークの人気作品『もりのへなそうる』を期間限定で全編無料配信いたします。(※終了しました)
みなさんの「おうち時間」にぜひごらんください。

また、毎週土曜日には、小さなミュージッククリップも公開予定。舞台で聴いたあの歌、この歌。思わず口ずさみたくなる楽しい歌を選びました。こちらもお楽しみに!
対象
全年齢
公演期間
2020年5月1日〜
場所
みなさんのおうち

わにがまちにやってきた
りんごかもしれない

「わにがまちにやってきた」
むかしロシアのペトログラード大通りに、突然ワニが歌を歌いながら現れたから大騒ぎ!
そのいでたちは洒落た服装に帽子をかぶり、葉巻をプカプカ。
勇ましいワーニャ坊やが立ち向かうと、ワニの言うことには・・・。

「りんごかもしれない」
目の前にあるこのりんご、もしかしたらりんごじゃないのかもしれない・・・。
ひとつのりんごから始まる、少年の想像の世界。
ヨシタケシンスケさんの大人気絵本が初の人形劇化!
対象
全年齢
公演期間
2020年7月18日〜23日、8月9日~11日
※一般前売り開始4月30日(木)
くわしくは・・・▼
場所
プーク人形劇場

八郎
にんぎょう祭りばやし
紀伊國屋書店提携公演

「八郎」
八郎はでっけえでっけえ山男だ。ある年の秋海が荒れ、たわわに稲の実った田んぼに海が襲いかかろうとする。八郎は、荒れ狂う海からわらしこを、田んぼを救おうと押し寄せる波を押し返し、山をかついで海との戦いに挑む。そんな八郎になおも襲いかかる海、ついに八郎は・・・

「にんぎょう祭りばやし」
私たち日本人の心に染み渡っている祭囃子。そのリズムと調べに子どももおとなも心は弾み「ハレ」の世界に誘(いざな)われる。軽快な祭りばやしに乗って獅子舞、猿まわし、龍の舞、南京玉すだれなどといった祭りの情景が人形達によって勇壮に、時にユーモラスに繰り広げられ、私たちの「祭り」への憧憬を満たしてくれます。
対象
全年齢
公演期間
2020年7月30日〜8月1日
場所
紀伊國屋ホール

エルマーのぼうけん
団体観劇公演

エルマー少年は、なかよしのネコのミミから、どうぶつ島にとらわれている
かわいそうな子どものリュウの話をききました。
「ねぇミミ、ぼくは決心した。そのリュウを助けにどうぶつ島にいこう。」
 どうぶつ島には、ライオンやトラ、ゴリラたちが住んでいます。
エルマーはリュウを助けることができるでしょうか!?
対象
全年齢
公演期間
2021年2月2日~10日
場所
都内各地会場

こやぎと狼
ヤン助とヤン助とヤン助と

「こやぎと狼」
かあさんがでかけて留守番のこやぎたち。腹をすかせた狼が、トントントンと戸をたたきます。“おかあさんだよ、あけておくれ…” 

「ヤン助とヤン助とヤン助と」
きこりのごんさんは、今日も山の中で木を切っています。そこへ猟師に追われたキツネが逃げこんできました。「助けてもらったお礼に」とキツネからもらった壺は、ふしぎな壺だったのです。
対象
全年齢
公演期間
公演を中止いたしました。
場所
プーク人形劇場

カモメに飛ぶことを教えたドラ猫の物語
"The Story of the Seagull & the Gang of Tomcats"

★プーク人形劇場 自主企画公演★

重油にまみれ 最後の力を振り絞り
カモメはひとつのタマゴを産み落としたーーー

小さな命を託された 港に住む黒猫のゾルバは
大佐・秘書・博士‥‥個性あふれる仲間とともに
ひな鳥に“飛ぶこと”を教えるため 奮闘する。

『一匹の港の猫の問題は、港じゅうすべての猫の問題だ!』

フォルトゥナータ・・・・“幸運な者”
と名付けられたひな鳥と 港に住むドラ猫たちとの
種族を超えた愛情
そして 希望と旅立ちの物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
20th Assitej World Congress/2020未来フェスティバル
フリンジ参加作品
対象
幼児〜大人
公演期間
2020/5/9 土-10日 各11:00/14:00
※延期となりました。詳しくは▼
場所
プーク人形劇場

プーク人形劇場の
催しカレンダー

新宿にあるプーク人形劇場では、プークの公演のほかにも様々な催しが開催されています。
他団体の主催公演も含めた、プーク人形劇場の公演スケジュールはこちらからご覧ください。