お知らせ – ページ 5 – 人形劇団プーク

Newsお知らせ

【 お知らせ 】カテゴリー記事一覧

平和への思いをこめて

タグ: ,

 プーク人形劇場誕生50周年記念年間の締めくくりに行ったフェスティバルは、蔓延防止措置期間にも関わらず全国から多くのご来場をいただきました。おとな向けの作品を主体にした5劇団の競演でしたが、初来場の方や初めて人形劇を観たという方も多く、今後さらに人形劇の魅力を広めていこうと、参加劇団とともに再認識することが出来ました。


 私たちは人形劇をとおして、たくさんの思いを届けてきました。現実社会の様々な困難と、それらを乗り越える力。誰もが幸福に心豊かに生きられる社会への思い、未来への希望を。人形劇だからこそ伝えられるその力を信じて。


 今また、悲しい戦争が起こっています。世界中すべての子どもたちが誰一人悲惨な状況におかれることのない社会を願って止みません。子どもたちが命の危険にさらされ、当たり前の日常・生きる希望・笑顔いっぱいの未来が奪われることは決してあってはなりません。

 プーク人形劇場では4月29日から影絵人形劇『大きなかぶ』と『もりのへなそうる』を上演します。『大きなかぶ』は有名なロシアの民話を元に創った舞台です。人々や小さな動物たちが力を合わせ幸福を求めて共に楽しく生きていく、あたたかな舞台に平和への思いをこめてお届けします。

2022.4.13
人形劇団プーク 劇団部主事 石田伸子
(2022年4月発行 みんなとプーク No.279 「プー吉は進む」より)

【企画展】報道STATION 伝えるチカラ 4月10日まで

スタジオ・ノーヴァの仕事を間近に観られます!

 ニュースを解りやすく伝える為の様々な取り組みを紹介した展示会が横浜で開催されています。

 昨夏メジャーリーグのホームラン王の行方に日本中が沸きましたが、テレビ朝日「報道ステーション」では争う選手達がホームランを打つ度に「MLB山」を登り頂点を目指すというスタイルで楽しく、解りやすく解説していました。ノーヴァでは各選手の人形を始め、MLB山頂上の歴代ホームラン王デザインを担当。

 今回の展覧会では実際放送で使用していた選手人形の展示の他、「大谷君」人形が出来るまでの工程を収めたメイキング映像の上映、セットや人形が出来るまでの舞台裏がパネルで紹介されています。スポーツコーナーだけでなく、普段何気なく見ている番組全体の裏側を知ることが出来る珍しい企画展。なかなか近くで見る事のできない番組使用の人形もありますので、是非足をお運びください。

(人形デザイン・製作:菅澤敬一、小池俊章、松山一義/制作:坂本翠)

「報道STATION 伝えるチカラ 震災から11年〜現代を映す美術的アプローチ〜」

  • 会 期 : 2022年2月25日(金)~4月10日(日)
        月曜休館、3/21(月・祝)開館、22(火)休館
  • 時 間 : 10時~17時
  • 会 場 : 放送ライブラリー 展示フロア(みなとみらい線・日本大通り駅3番出口直結「放送ライブラリー」にて)
  • 主 催 : (公財)放送番組センター、(株)テレビ朝日
  • 入 場 : 無料

 ▷放送ライブラリー 公式サイト:https://www.bpcj.or.jp/
 ▷展示情報:https://www.bpcj.or.jp/event/blog/2022/01/poat20220131.html

こいのぼりをつくろう!〔受付終了〕

★ おかげさまで定員に達し、受付終了いたしました! ★

今年もこの季節がやってきました!

みんなで巨大こいのぼりを作ります。
完成したこいのぼりは、ゴールデンウイークの公演中、プークの空を泳ぎますよ。
お土産に、お家でできる手作りこいのぼりキットをプレゼント!
絵具でベタベタ、みんなで楽しくこいのぼりを作ろう!

昨年のこいのぼりづくりの様子です

【 日時 】 4月24日(日) 10:30 / 14:00
【 定員 】 各5組 10名程度
【 料金 】 大人も子どもも、ひとり500円(赤ちゃん同伴可能です)
【 持物 】 汚れてもいい服と、ワクワクした元気な気持ち!
【 予約 】 プーク人形劇場 電話:03-3379-0234/theatre@puk.jp

人形のマドでも、手作りこいのぼりキット販売中です!

『#みんなのこいのぼり展』も開催します!

みんなの作ったこいのぼり、お出かけ先で見たこいのぼり、
作ってる様子や、楽しい様子を集めて、ゴールデンウイーク中にプークの劇場に飾りたいと思ってます。
SNSでも紹介するかもしれません。公開可能な写真を、プークに送ってください。

皆さんのご参加、お待ちしてます!

チェコ・アルファ劇場『快傑ゾロ』

タグ: , , , ,

◆プーク人形劇場企画製作 世界の人形劇シリーズ◆
チェコ・アルファ劇場 / Divadlo Alfa

『快傑ゾロ』/ Pozor, Zorro!

チェコ伝統マリオネットによる、オフビートのユーモアと音楽あふれる大型舞台

2022年夏・8月〜9月 日本ツアー開催!

2018年の来日公演『三銃士』で大好評を博し、昨年夏の「A-hoj! 2021 」でも一番人気のアルファ劇場最新作です。チェコ国外での公演はこれが初!2度の延期を経ての待望のツアーです。

プーク人形劇場 公演日程

満員御礼!キャンセル待ち受付も終了しました。

≪公演日時≫ 上演時間約60分
2022年9月
21日(水) 15:00 完売 / 19:00 完売
22日(木) 15:00 完売 / 19:00 完売
23日(金) 11:00 完売 / 14:30 完売

≪チケット料金≫ 定員各60名
前売り 3300円(当日 3500円)
ペア券 6200円(おふたりで)
親子券 5200円(大人と18歳以下)
18歳以下 2500円
グループ(3名以上) 3000円(一人当たり)

全編生演奏日本語での上演に挑みます!(劇中歌はチェコ語/日英字幕つき)
ご家族みんなでお楽しみください!

作品について

『快傑ゾロ』は、現代チェコ人形劇の巨匠、トマーシュ・ドヴォジャークの最新演出作。ジョンストン・マッカレーの小説『快傑ゾロ』、そして1920年のダグラス・フェアバンクス主演サイレント映画『奇傑ゾロ』を着想源に作り出した、チェコ人形劇ならではのユーモアと躍動感あふれる傑作人形劇です。

ペトル・マターセクと並んでチェコを代表する人形美術家イヴァン・ネスヴェダがこの舞台のために製作した、伝統的な木彫りのマリオネット17体を含む計80体もの人形群と、ゾロのマスクを模した特殊舞台装置も見所。

アルファ劇場のすばらしい喜劇俳優たちが扮するエル・マリアッチ(メキシコ⺠族音楽団)の華麗で陽気な生演奏が、全編を通じて舞台を盛り上げます。小さな子どもから大人まで、みんなで笑って楽しめる舞台です。

「『快傑ゾロ』は、演出家トマーシュ・ドヴォジャークと美術家イヴァン・ネスヴェダが長年にわたって築き上げてきたアルファ劇場の優れた詩学を、完璧に示した作品だ。6才以上を対象とした作品ながら、それ以外の年齢層にも広く喜ばれるだろう。」—– Gabriela Špalková, 『Divadelní noviny』 2020年1月8日

“Pozor, Zorro!” is a perfect example of the unmistakable poetics of Alfa, for which Tomáš Dvořák and Ivan Nesveda have been worked for many years. It is intended for children from the age of six, but will also appeal to audiences of other age categories.  

『三銃士』(2006)や『ハハハ! チャップリン』(2017)の成功を受けて、再びノンバーバルで演じられるテーマを探していました。ゾロは理想的でした。力強いストーリーを伝えながら、世界中の観客に喜んでもらえるような作品を作るのはとても難しいことです。もしうまくいったとすれば、奇跡のようなものでしょう。
トマーシュ・ドヴォジャーク(演出)

スタッフ・キャスト

  
◆演出:トマーシュ・ドヴォジャーク 
 Director: Tomáš Dvořák Tomas Dvorak  
◆脚本:ヴィート・ペジナ
 Script: Vít Peřina
◆ドラマトゥルク:ヴィート・ペジナ、ペトラ・コソヴァー
 Dramaturg:  Vít Peřina, Petra Kosová
◆美術:イヴァン・ネスヴェダ
 Design: Ivan Nesveda
◆音楽:ヴラティスラフ・シュラーメク
 Music composition: Vratislav Šrámek
◆照明・音響:マチェイ・ジーグル 
 Lighting and sound: Matĕj Siegl
◆出演:マルティン・バルトゥセック、ペトル・ボロフスキー、マルティナ・ハルトマノヴァー、トマーシュ・イェレシュ、ロベルト・クロウパル、マリエ・ムラーズコヴァー、ペトル・ヴィダレニー、ラトカ・マシュコヴァー
 Casts: Martin Sádlo Bartůšek, Petr Borovský, Martina J. Hartmannová, Tomáš Jereš, Robert Kroupar, Marie Mrázková, Petr Vydarený, Radka Mašková
◆演奏:ヴラスタ・ヴォルダ 他
   Musicians: Vlastimil Vorda, and other

◆上演時間:約60分
  Duration: circa. 60 min

アルファ劇場 (チェコ・ピルゼン

1966年にピルゼンで設立されたアルファ劇場は、チェコ人形劇界を代表する人形劇団。トマーシュ・ドヴォジャークやイヴァン・ネスヴェダなどチェコ現代人形劇界を代表する演出家・美術家を擁し、国際的に最も著名な人形劇団の一つ。糸操り・手使いなどのチェコにおける伝統的美術や演出法に根ざしつつ、オルタナティブな演劇手法も取り入れて常にチェコ人形劇の 新たな可能性を切り拓いてきた。幼稚園児〜ヤングアダルト〜大人まで幅広い観客を対象とした数多くのレパートリーを有し、国内外の著名な人形劇フェスティバル等で受賞多数。代表作『三銃士』は計27以上の賞を受賞し、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、中東、日本等で巡回公演が行われた。これまで上演のために訪れた国は35カ国を超える。二年に一度開催されるチェコ最大の人形劇・オルタナティブシアター・フェスティバル「Skupova Pilzen」をピルゼン市と共に開催している。

公式HP:http://www.divadloalfa.cz/index.php/en/

後援:駐日チェコ共和国大使館 チェコセンター東京 新宿区  西新宿一丁目町会・商店街振興組合 南新宿町会・商店会 
   NPO法人日本ウニマ
助成:チェコ共和国文化省
   文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会
   公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【芸術文化魅力創出助成】

お問い合わせ 

 ■プーク人形劇場■
 ☎:03-3379-0234 (10:00〜17:00)  お問合せはこちら:theatre@puk.jp
その他のお問合せはこちら >> 問い合わせフォーム


2022年ツアースケジュール

※各ツアー先の公演については、各地の主催者にお問い合わせ下さい。

8月3日(水) パティオ池鯉鮒(愛知県知立市)
8月5日(金) ゆめたろうプラザ(愛知県知多郡武豊町)
8月7日(日) ロームシアター京都(京都府京都市)
8月10日(水) 淡路人形座(兵庫県南あわじ市)
8月13日(土)14日(日) 人形劇場とらまる座(香川県東かがわ市)
8月16日(火)17日(水) 愛知県芸術劇場小ホール(愛知県名古屋市)
8月20日(土)21日(日) 岡山県天神山文化プラザ(岡山県岡山市)
8月23日(火) 一心寺シアター倶楽(大阪府大阪市)
8月27日(土) 高崎市新町文化ホール(群馬県高崎市)
8月28日(日) 藤沢市民会館小ホール(神奈川県藤沢市)
9月2日(金)3日(土) 札幌市子どもの劇場やまびこ座(北海道札幌市)
9月4日(日) 砂川市地域交流センターゆう(北海道砂川市)

新宿ストリートシアター >特設ページはこちら
9月7日(水)〜9日(金) 新宿髙島屋 1階JR口特設会場(東京都渋谷区)
9月12日(月) チェコ共和国大使館(東京都渋谷区)
9月17日(土) 大島町開発総合センター(東京都大島町)
9月21日(水)〜23(金) プーク人形劇場(東京都渋谷区)

ブルガリア・ソフィア人形劇場からのメッセージ

コロナ、環境変化、戦争が世界を変えました。
しかし私たちは強い希望を持って、世界中の人々の愛が勝てるように一生懸命頑張ります。

安らかな眠りができるよう

子どもたちが笑顔でいられるよう

父親が武器を持たないよう

狂気の戦が止まるよう

私たちアーティストがよく集まって、喜びと制作の楽しさを観客と共感ができるよう

プーク人形劇場50周年記念フェスティバル、おめでとうございます。

一緒にできなくてとても残念です。
ありがとうございます!
大好きです!

(翻訳:アントニオ・アンゲロフ)

人形劇団プークと、ブルガリア・ソフィア人形劇場との共同制作公演『カモメに飛ぶことを教えたドラ猫の物語』

2018年に好評を博した舞台をコロナ禍で2度の延期を経ながらも、プーク人形劇場50周年記念フェスティバルで再演する予定でしたが、再度延期を余儀なくされました。

2023年の再招聘にのぞみを繋ぎ、きっと皆様にお届けしたいと思います。

ブルガリア・ソフィア人形劇場からのメッセージ・・・私達も想いは同じです。
国も言葉の違いも超えて通じ会える、人形劇・演劇の力を私達は信じています。

2022年 3月23日  プーク人形劇場