☆オカピぼうやのちいさなぼうけん/ふしぎな箱 – 人形劇団プーク

人形劇をよびたい

中小規模会場向け
公演期間:2022.6 - 2023.3
オカピぼうやのちいさなぼうけん
*
ふしぎな箱
主催をお考えの方へ あなたの街で上演いたします!主催をお考えの方へ あなたの街で上演いたします!

オカピぼうやのちいさなぼうけん

ぼくはオカピ!キリンでも、シマウマでも、スイギュウでもないよ!
ある日、オカピぼうやが目を覚ますと、お母さんがいません。ぼうやはひとりで探しに出かけることにしました。行く先で出会うのは、キリン、シマウマ、スイギュウぼうや・・・みんなどこか似てるけど、ぜんぜん違う動物たち。さて、おかあさんは見つかるかな?
 オカピぼうやの、はじめてのぼうけんです。


***小さな冒険者たちへ***

 赤ちゃんが初めて寝返りをうった時、ハイハイでお部屋の隅々まで行けるようになった時、掴まり立ちで視界がぐーんと高くなるのを知った時、自転車で転ばずにこぎ出せた時……小さな小さな冒険とともに、子どもたちは成長してゆきます。わたしたち大人は、子どもたちがいつでも、この小さな冒険に踏み出せるように、近く遠く、時に手を差し伸べるのを我慢しながら見守ります。頬を上気させ、ちょっぴり成長して帰ってくる子どもたちを、いつでも迎えてあげられるように。
 身体中いっぱい好奇心で満たし、オカピのぼうやは初めて一人で出かけます。さあ、みなさんも一緒にでかけませんか?大丈夫、ちゃんと誰かが見ていてくれるから。
 小さな冒険者たち、たくさんの愛情を礎に、何度でも世界へ飛び立て…!
(演出/小原美紗)

◆作/岸本真理子(ひさかたチャイルド刊)
◆脚色/吉川安志
◆演出/小原美紗
◆美術/坂上浩士
◆音楽/権頭真由
◆照明/芦辺 靖

ふしぎな箱

たのしい音楽にのって、
いろいろに変わるふしぎな箱。
さてさて、今度は何ができるのかな?

◆構成・演出プラン/竹内とよ子
◆演出/岸本真理子
◆美術/斉藤英一 
◆音響効果/宮沢 緑
◆箱考案/吉本直貴(造形作家)

出演者

大橋友子、野田史図希、亀井佑子、増田寛子

公演要項

●上演時間/ふしぎな箱:20分、休憩15分、オカピぼうやのちいさなぼうけん:35分 計:約1時間10分
●班編成/キャスト4名、スタッフ1名、計5名
● 仕込み、ばらし/仕込み3時間、ばらし1時間(会場条件による)
●舞台/舞台幅7.2メートル /奥行き4.5メートル/天井高さ3.6メートル
●電源12KW(単相三線60A) 暗幕設備必要
●楽屋/2部屋以上
●運搬・移動/2トントラック1台:2名トラック移動、他公共交通機関利用
●上演料/1ステージ 450,000円、2ステージ 750,000円(税抜)
(別途経費がかかります)

主催をお考えの方へ あなたの街で上演いたします!主催をお考えの方へ あなたの街で上演いたします!