☆きんぎょがにげた – 人形劇団プーク

人形劇をよびたい

0.1.2歳児向け
公演期間:2021.7 - 2022.3
きんぎょがにげた
主催をお考えの方へ あなたの街で上演いたします!主催をお考えの方へ あなたの街で上演いたします!

きんぎょがにげた

五味太郎さんの絵本で、親しまれている作品「きんぎょがにげた」。どこにいる?
あっあんなところに!身近なところに隠れるきんぎょ。みんなで一緒に探しましょう! 

****「さがすことのたのしさ」 早川百合子****
「きんぎょがにげた!どこへにげた?」きんぎょがいろんな所にかくれんぼ。
これがとってもまぎらわしい。だけど、言葉が話せない赤ちゃんだってわかっちゃう。
指さして、目まんまるにして、きゃっきゃと笑う声がきこえてきます。
もちろん探すのはおかあさんといっしょ。おやこで「きんぎょさがし」です。
 きれいで、わかりやすい色彩の原作。主役のきんぎょが舞台をぴちょぴちょ
動き回る姿を想像したら一人でニヤリ。きんぎょ鉢からにげだしたきんぎょは、
カーテンの模様にかくれたり、花の中にかくれたりこどもたちの大好きなさがしもの、きっと楽しいことでしょう。
 プークの0.1.2歳児のための人形劇は、神沢利子さん原作「あら どこだ」につづき2作目となります。「あら どこだ」は、詩集が原作で、豊かな言葉と音楽で織りなす人形劇でした。今回の舞台は二人の役者によるオノマトペ(擬音語)とマイム、最小限のことばと音楽で表現します。音楽は前作同様吉川安志、美術は独特の世界観をもつ若林由美子と組みます。  
 さがすことの楽しさからお芝居の終わりはほのぼのとした『もう、さびしくないね』、をお届けします。

◆作/五味太郎
◆演出プラン/早川百合子  
◆脚色・演出/柴崎喜彦 
◆美術/若林由美子 
◆音楽/吉川安志 
◆照明/阿部千賀子

出演者

小原美紗、山越美和

公演要項

●上演時間/30分 休憩なし
●班編成/キャスト2名
●仕込み、ばらし/仕込み2時間、ばらし30分(会場条件による)
●楽屋/1部屋以上
●運搬・移動/2トントラック1台:軽ワゴン1台(全員車両移動可、または全員列車移動、道具宅配)
●上演料/応相談

主催をお考えの方へ あなたの街で上演いたします!主催をお考えの方へ あなたの街で上演いたします!