プーク人形劇場へようこそ



◆再延期のお知らせ◆

本公演は、再度延期することといたしました。

延期の時期は2021年度、秋以降を予定しております。


今回の、ソフィア人形劇場とプークとのコラボバージョンは、 令和2年度文化庁の助成事業としてすすめてまいりました。 2年越しで準備し、ブルガリアのアーティストたちも、来日を心待ちにしていましたが、 このコロナ禍の中でも、この助成事業の延期が認められませんでした。


令和2年度内に公演を行わざるを得ない状況の中、国際共同プロジェクトとしての上演は諦め、 全日本人バージョンでの実施を決断いたしました。



その矢先、
文化庁が方針を転換し、助成事業の延期が認められることとなりました。


プークのメンバーと、ブルガリア・ソフィア人形劇場のメンバーとも協議し、 やはり、この共同のプロジェクトとしての作品を、よりよい形でお客様に届けるために、 再度の延期を決定いたしました。


度重なる日程変更となり、混乱を招いてしまったこと、心よりお詫び申し上げます。



今より、もっと、この社会状況も落ち着いて 安心して舞台を楽しんでもらえることを願いながら 私達は、よりよい舞台を創り続けるために、邁進したいと思います。


詳しい日程等決まりましたら、またご案内いたします。どうぞ今しばらくお待ち下さい。

今後とも、プークをどうぞよろしくお願いいたします。


プーク人形劇場 スタッフ一同



◆あらすじ◆

重油まみれのカモメが 命がけで産み落としたタマゴ。 その小さな命を託された黒猫ゾルバは、 大佐・秘書・博士‥‥個性あふれる仲間とともにひな鳥に“飛ぶこと”を教えるため奮闘する。

フォルトゥナータ…“幸運な者” と 名付けられたひな鳥と 港に住むドラ猫たちとの 種族を越えた愛情 そして 希望と旅立ちのものがたり。



★アートにエールを!東京プロジェクト
のサイトで動画配信中!

『カモメに飛ぶことを教えたドラ猫の物語』をモチーフに製作しました。ぜひご覧ください!





未来フェス

★20th Assitej World Congress/2020未来フェスティバル

日本初!ASSITEJ世界大会の招聘をきっかけに、2021年に東京で新しく生まれる児童青少年のための国際舞台芸術フェスティバルです。
今回、『カモメ〜』は参加できませんが、多彩なジャンルの舞台芸術に出会えます。オンラインチケットもあります。詳しくは公式サイトをチェックしてくださいね。