2022年5月 – 人形劇団プーク

Newsお知らせ

2022年5月 記事一覧

つくって、楽しい劇あそび!人形劇教室

形つくって、お話つくって、人形劇を遊びつくす3日間!

【育成コース】
子どもたちの想像力は無限大!人形劇教室のプロセスをモデルに、「子どもとあそぶ」ファシリテートについて探求します。子どものやりたいことに寄り添い、ちょっとお手伝いする…サポーターのようなあり方を大切に、ディスカッションと体験を織り交ぜながら、学びを深める3日間。

【日時】
 なつ▷7月1日(金)〜3日(日) 13:00〜18:00
 あき▷9月30日(金)〜10月2日(日) 13:00〜18:00

【対象】「子ども」と「舞台芸術」に関わる全ての方
【料金】¥7,000-(3日間通し)
 ※育成コース参加者は、体験コースに無料で参加できます。
 子どもたちとの出会いを体験し、育成コースの学びをより一層深め、実践してみましょう!
【会場】プーク人形劇場5F

【体験コース】※定員に達しました。お問い合わせはお電話でお願いいたします。
作って遊んで、身近なものから、あっという間に人形が出来ちゃうふしぎ。自分だけのオリジナル人形で、世界に一つの物語を参加者みんなで作ります。持ち物は・・・ワクワクする気持ち!最終日はプーク人形劇場で発表会!

日時】
 なつ▷ ▶▶定員に達しました。
 7月16・17日(土・日)10:30〜15:30
 7月18日(月祝)13:00〜18:00

 あき▷ ▶▶定員に達しました。
 10月8・9日(土・日) 10:30〜15:30
 10月10日(月祝) 13:00〜18:00

【対象】小学生以上(大人もOK!)
【料金】中学生以下¥3,000-/高校生以上¥7,000-(各3日間通し)
 ※最終日はプーク人形劇場で発表会!親御さん・お友達など…どなたでも観劇可能です。
 詳しくはお問い合わせください。
【会場】プーク人形劇場5F (最終日はプーク人形劇場の舞台で発表会!)

【お問い合わせ・ご予約】
 プーク人形劇場 03-3379-0234/theatrepuk@gmail.com

 または下記フォームよりお申し込みください。


助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
   独立行政法人日本芸術文化振興会
後援:NPO法人日本ウニマ 日本人形劇人協会

プーク人形劇場 ポンチ寄席2022

怪談 牡丹灯籠』 二夜つづき

一夜目 6月24日(金)17時開演

『開口一番』   入船亭辰ぢろ
『太神楽』    翁家勝丸
『写真の仇討』  八光亭春輔

三遊亭円朝作 
『怪談牡丹灯籠 お札はがし』  八光亭春輔

二夜目 6月25日(土)17時開演

『開口一番』   入船亭辰ぢろ
『紙切り』    林家二楽
『七段目』    八光亭春輔

三遊亭円朝作 
『怪談牡丹灯籠 幸手堤』 八光亭春輔

二夜とも大喜利、かっぽれ、お楽しみ福引あり!

八光亭春輔プロフィール

略歴
世田谷区出身。 小学生時代。ラジオ「しろうと寄席」に通信亭三助の芸名で40回鐘を鳴らした。
(TBSラジオしろうと寄席 1955年3月~1962年10月終了)
1964年7月 八代目林家正蔵(彦六)に入門。6番弟子となる。前座名は林家あとむ。 
1969年7月 二つ目昇進。林家照蔵に改名。 
1977年7月 藤間流家元・尾上辰之助より香寿太郎の名を貰い、藤間流名取になる。 
1979年9月 真代昇進。三代目八光亭春輔襲名。 
1993年  文化庁芸術祭賞受賞。

●会 場
プーク人形劇場 

●日 時

6月24日(金)17時開演 6月25日(土)17時開演

●木戸銭

二夜通し券 ¥5000
前売り券  ¥2800
当日券   ¥3000

【お問い合わせ・ご予約】
プーク人形劇場 03-3379-0234/theatrepuk@gmail.com
または下記フォームよりお申し込みください。

牡丹燈籠 二夜続き ご予約フォーム
入力内容保存/読込

牡丹燈籠 二夜続き ご予約フォーム

ご予約内容必須
ご予約回
入場料
ご予約人数
小計
6月24日(金) お札はがし
2,800円
余裕あり
6月25日(土) 幸手堤
2,800円
余裕あり
24日・25日 二夜通し券
5,000円
余裕あり
[合計]
ご精算方法必須
お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須

確認用
電話番号必須
 –  – 
今後、新作落語や人形劇のご案内をお送りしてもよいでしょうか?
公演のご案内について必須
住所
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
備考