公演情報

『バビロン』

7月29日(月)        19:00
7月30日(火)16:00/19:00
7月31日(水)16:00
     (公演時間65分 休憩なし)
     英語上演・日本語字幕つき

【会場】

プーク人形劇場 おさんぽマップ
〒151-0053 渋谷区代々木2-12-3
TEL : 03-3379-0234
(JR新宿駅南口より徒歩8分)

【チケット】オンライン予約

*全自由席 / 未就学児入場不可*

前売り:3700円
2作品通し券:7200円
学生割引:3000円(要学生証提示)
ペア券:7200円(2名/要予約)
グループ割:3300円(3名以上1名あたり/要予約)

友の会:3600円

 

当日:4200円 均一

************************

  *同時招聘作品*

『アフガニスタンのパンチとジュディ』
8月1日(木) 16:00/19:00

公演情報

時は来た・・・・!!

とある海岸で密航ボートが待っている。
約束の地『バビロン』への最終便だ。
最後の乗客を待つ船長の怒号が響く。 

金はあるのか!?
動物はだめだ。ノアの箱船じゃないんだぞ!

乗り込む者、取り残される者・・・・
それぞれの思惑が交錯する船着き場に、神の子が現れる。
悪魔の誘惑。
父なる神の嘆き。

人々の運命を握るのは・・・・?

欧州が直面する移民問題に真正面から取り組み、 世界各地で絶賛された、
ヨーロッパ人形劇界最高峰ネヴィル・トランターの最新作。



【スタッフド・パペット・シアター Stuffed Puppet Theatre】(オランダ)

 主宰:ネヴィル・トランター/オーストラリア生まれ。
1976年、Stuffed Puppet Theatreを設立。
1978年、アムステルダムの演劇祭への参加を機にオランダへ移住。
劇団を旗揚げ以来、一貫して現代の社会問題、人間模様を彼独自の視点で描き、作・演出・出演と独り舞台を次々と発表し続けている。人形劇フェスではネヴィルの新作=行列(切符)が定説となっているほどの実力者。欧州のみならず世界中で活躍を続け、圧倒的な演技力で観客を魅了している。
www.stuffedpuppet.nl


◆作・演出・美術・出演:ネヴィル・トランター


【主催】プーク人形劇場
【後援】オランダ王国大使館 
NPO法人日本ウニマ 
渋谷区教育委員会
【助成】損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」(企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)