公演情報

団体観劇公演

2020年1月31日(金)
曳舟文化センター

2月4日(火)、5日(水)
北とぴあ つつじホール(残席わずか)

2月18日(火)
江東区文化センター

2月20日(木)
ルネこだいら 中ホール(残席わずか)

3月3日(火)
大田区民プラザ 大ホール


いずれも開演10:30(10:00開場)

【会場】

1月31日(金)曳舟文化センター 
会場詳細はこちら
〒131-0046 墨田区京島一丁目38番11号
(京成電鉄押上線「京成曳舟駅」より徒歩1分、東武スカイツリーライン・東武亀戸線 「曳舟駅」より 徒歩4分)


2月4日(火)、5日(水)北とぴあ
 会場詳細はこちら
〒114-8503 北区王子1丁目11−1
(JR京浜東北線「王子駅」北口より徒歩2分、
地下鉄南北線「王子駅」5番出口より直結、都電荒川線「王子駅」より徒歩5分)


2月18日(火)江東区文化センター
会場詳細はこちら
〒135-0016 江東区東陽4-11-3
(東京メトロ東西線「東陽町駅」1番出口より徒歩5分)


2月20日(木)ルネこだいら
会場詳細はこちら
〒187-0041 東京都小平市美園町1-8-5
(西武新宿線「小平駅」南口より徒歩3分)


3月3日(火)大田区民プラザ
会場詳細はこちら
〒146-0092大田区下丸子3-1-3
(東急多摩川線「下丸子駅」よりすぐ、東急池上線「千鳥町駅」より徒歩7分)


【チケット】

全指定席/3歳以上均一

団体(15名様以上)2090円(1900円+消費税190円)
一般:3190円(2900円+消費税290円)
友の会会員:2530円(2300円+消費税230円)

※友の会同伴は、2860円(2600円+消費税260円)になります

この公演は団体観劇向け公演です。いつもの公演とは少し違うことをご了承ください。
一般のお客様もご覧頂けます。


【お申込み】

人形劇団プーク

03-3370-3371
メール puppet@puk.jp


自然の厳しさ やさしさに向き合い生きる
 少女マルーシャの物語

〜スロバキアの民話より〜
12の月のたき火 *春にはイチゴ、夏にはリンゴ、秋にはキノコを狩りに・・・ 働くことが大好きなマルーシャに、冬の森へイチゴを採りに行かせる欲に眩んだ母と姉、そんなマルーシャを助けてくれたのは12月の精たちでした。


~簡素な美しさと豊かな楽しさ~
作・演出プラン 川尻泰司

 人形劇がなによりも大切にしなければならないのは、その作品の中を流れる心の美しさが、豊かに舞台からあふれ出すことでしょう。 しかも必ずしも設備のよい会場がない多くのこどもたちにも、より広く生の舞台芸術の美しさと楽しさを味わってもらうことです。 それはまた舞台を創るわたしたち自身が、今までの舞台の創り方からさらに新しい創意と努力で、人形劇の道を進めていかなければできないことでもあります。
「12の月のたき火」は、みなさんもよくご存じの「森は生きている」のもとのお話です。私は、そのお話のもつダイナミックな楽しさと美しさを、もっと多くの子どもたちに楽しんでもらうために、そのもとになる民話の良さを生かして、プー吉劇場(移動劇場)の舞台で創りかえて見ようと考えました。  できるだけ民話にふさわしい簡素な美しさの中に、そのお話のもつ心の世界を人形劇独自なファンタジーとして、くりひろげたいのが私の願いです。


◆演出:岡本和彦
◆美術:中山杜卉子
◆音楽:長沢勝俊
◆照明:阿部千賀子
◆出演:大橋友子、市橋亜矢子、野田史図希、有田智也、前田佳奈英、遠田香苗